五輪を見たり習得をしたりしました

22シーンくらいから企画されていた、リオ五輪のチャンネルを見ていました。そのあとに、卓球の娯楽がありました。卓球のシングルでした。福原愛情プレーヤーが出ていました。取りやめるまでもっと見ていました。再び、卓球は足どりがあるので、あの速さで打てるのは著しいなと思いました。そして、訓練をしました。細胞について訓練をしました。20世紀の後半には、電子顕微鏡などの真新しい手の内がずっと開発され、細胞の能力とつくりの全容がわかってきました。約170時期前に提案された「細胞理屈」は、現在でもその正しさが一般的に認められています。ふつう我々が訴える顕微鏡は、灯を訴えるので光学顕微鏡といいます。電子顕微鏡は灯の代わりに電子線を使います。1950世代ごろから細胞の追求に選べるようになりました。細胞には、からだの中でのそれぞれの能力に応じ、また生き物の様々により、思い切りさまざまな見た目やがたいのものがあります。勉強になりました。http://thecw.co/ryokin-matome.html