運命の出会いは本当にあるのかについて考えてみた。

私は最近、「運命の出会いって本当にあるのかな」と考えることが多くなりました。私は今まで色々なタイプの男性と出会ってきましたが、自分に似ているなと思う男性が多かったです。母に恋愛の相談をよくするのですが、母が父との出会いを教えてくれました。父と母が出会ったのは共通の友人を通しての紹介だったそうです。母と父は目と目が合った瞬間に、「この人と結婚するかも」と思ったそうです。その後、父と母はすぐに結婚して私が生まれました。人と人が出会うタイミングって不思議だなと思いました。一番びっくりしたことが、母の姉と父が同じ小学校だったことです。父は沖縄から福岡に引っ越してきたので、偶然にしてもすごいなと思いました。運命の出会いって本当にあるのだなと思いました。父と母が出会っていなかったら私も生まれてなかったので、縁があるのだと思います。私もいつか、運命の男性に出会えるように、自分磨きを頑張りたいです。運命の男性に会える日が楽しみです。

店員と観客からの進展は困難が、楽しい

本日は、知り合って、1周期間の彼氏とやり取りをやる確約ができました。その確約は、店員とゲストの関係のままではありますが、パーソンが5パーソンほど入れるかな?というくらいの広さの飲料バーと廊下近所での交渉となります。ちなみにこの方はロマンスです。その方を手作り市(順序業界の手作りのみのセレモニーで、作者が公開商いを見込めるセレモニー)を見に行こうとお誘いしたところ、「行ってみたいだ。」となっています。ただ、アルバイトや間近と遊ぶ確約の腹づもりがぎゅっとあるようで、どうにも二人で巡り合うのは耐え難いよいです。
 これを交際辞令と捉えるか、必死にするかは、その人次第だと思いますが、こちらは、彼氏が絵文字を広範囲して来ることから、必死だと感じています。ただ、必死出会ってほしいとおもうのが紳士の性という者でしょうか。でもあしたは一年中彼氏と店員とゲストの関係ではありますがやり取りを貰えるので、良しとください。
 あしたは、こちらに急用が入らないと信じたいだ。キレイモ 顔脱毛