責任があってのことなのか、単純に好きなのか

北海道へこの間旅行に出かけた際に、入った浴場全てにサウナ室が付いていました。気温は変則でしたが、季節によって変えているのかもしれません。水風呂は残る先と無いところがあって、それはシャワーを浴びれば断然問題はありませんが水風呂はやっぱ入ると気持ちがよかっただ。
やっぱり寒い季節だからでしょうか、サウナに原則3個所で入ってしまいました。北欧の国から生まれたサウナなので、ともかく寒い地方には欠かせない物品なのかもしれません。おバスだけでは芯まで温まらないのでしょうか。サウナに入ると外の寒さを置き忘れるくらいの暑さですし、大勢汗をかくため気晴らしできて本当にいいです。それでおバスをあがってある程度寒くても依然ぽかぽかしているのも感覚が良かったり決める。
フェリーの浴場の中にもあったのは驚きました。ここにもいるかなあ、なんて思ったりして。今や必要なのか好きで作ったのかもわからないサウナのカタチだ。